田んぼ紹介

取り扱っているお米の産地にはできるだけ足を運び、

どのような環境でどのような人が皆さまの食卓にお届けするお米を作っているのか

自分たちの目で確認し、生産者の方々と直に交流することを大切にしています。

 

●藤枝 松下さんの圃場見学 2017.9●

画像 411.jpg 画像 413.jpg

画像 421.jpg 画像 426.jpg 画像 417.jpg

えなじーたかはしの有機米を一手に担っていただいている

藤枝の松下さんの圃場にお邪魔してきました。

お米の歴史、その土地の歴史、土と田んぼの生きもののこと・・・

田んぼにまつわる多岐に渡るお話を聞かせてくれました。

お米の品種のコレクター(!)である松下さん。

珍品種(原種の米や外産など)を栽培する田んぼにも案内してもらいました。

人が手を掛けすぎず、稲の植物としての生命力を存分に引き出して

栽培されているので、なんていうんだろう・・・

お米の持ってるエネルギーが違うような感じがするんです。

今年も渾身のお米、届いてます。

 

<ただ今取扱い中の松下米>

・農薬・化学肥料不使用米 天日米・・・710円/kg+税

・有機JAS認定栽培 プレミアムミルキー・・・710円/kg+税

 

●北海道 ゆめぴりかの圃場見学 2016.8●

画像 029.jpg 画像 035.jpg 

hojou.jpg 画像 053.jpg

 

2016年夏、いつか行ってみたい!

と思っていた北海道ゆめぴりかのふるさとに女性社員全員で見学する夢が実現しました。

北海道米のレジェンドである加藤さんの広大な圃場を見学させてもらい

こんなにのびのびとした環境で育つ北海道米だからこそ、

変わらぬ美味しさをキープできるんだと実感しました。

また、かつては美味しいお米のイメージのなかった北海道米の名誉を挽回するための

並々ならぬ情熱で米作りに取り組む農家さんのガッツに感服したスタッフ一同でありました。

 

その2ヵ月後、今度は北海道の皆さまがえなじーたかはしの店舗にやってきてくれました!

お土産にわざわざ持ってきてくださったゆめぴりかの稲は、店頭に飾ってあります。

 

<ただ今取り扱い中の北海道米>

・高度クリーン米 ゆめぴりか・・・570円/kg+税

・高度クリーン米 ななつぼし・・・489円/kg+税

 

●引佐町川名 森下さんの圃場見学●

1.JPG 13.JPG

kakashi1.JPG DSCN2360.JPG

 

浜松市北区、2017年の大河ドラマで有名になった井伊谷をさらに

北へ上ったところにある川名と言う山間の場所に森下さんの田んぼはあります。

三岳山から流れるきれいな水、きれいな空気のもとで米作りをしています。

「米作りには水が命」という森下さん。

この場所で作られたお米の、口いっぱいに広がる甘さ、ずっしりとした存在感は

他の産地とはまたひと味違いますよ。

浜松市内で、えなじーたかはしだけの取扱となります。

是非一度ご賞味くださいませ。

 

しかし美味しいお米を作れる人は、なんでも育ててしまうんだよな~

森下さんが浜松の畑でシークワーサーを育てて持ってきてくれて時はビックリしました!

 

<ただ今取り扱い中の森下米>

・川名 キヌヒカリ・・・468円/kg+税

・森下棚田米・・・580円/kg+税

 

●森町コシヒカリ 堀内さんの圃場見学●

画像 238.jpg mori4.jpg

mori3.jpg mori5.jpg

画像 293.jpg 画像 156.jpg

 

浜松市のお隣、森町。

お茶で有名な森町ですが、お米も県内ではお米のおいしさ話題の地域なのです。

次世代まで使える田んぼを目指して、農薬や化学肥料を抑えた米作りをしている堀内さん。

森町全体でも、地域資源循環の農業で、堆肥から夏は米、冬はレタス、と

土地の活用をしながら環境に優しい取り組みをしています。

しっかりめの食感で、あっさりした口当たりのなかにふわっと香るお米の味。

一度はまるとリピートする方が多いですね。

 

<ただ今取り扱い中の森町コシヒカリ>

・森町コシヒカリ・・・498円/kg+税

 

●山形 つや姫の圃場見学 ~おきたま地方~

画像 115.jpg 画像 105.jpg

画像 152.jpg 画像 176.jpg

画像 204.jpg 画像 232.jpg

 

今は5箇所の産地で栽培されているつや姫ですが、その発祥の地は山形なんです。

この日訪れた「おきたま」は地方を山に囲まれた盆地で

最上川の流れから、豊かな水と肥沃な大地に恵まれています。

昼夜の寒暖差も激しく、お米の生育環境として好条件な土地なのです。

ここもほんとに、見渡す限りず~っと田んぼで、

ここから私たちの店頭にお米がやってくるのかと思うと感動的でした。

豊かな自然環境が生み出すお米、おいしいのも納得です。

余談ですが、山形は麺の消費が日本一なんですって!米どころなのに!

しかも冷やしラーメンなるものがそこここに存在しています。

 

<ただ今取り扱い中の山形米>

・特別栽培米 つや姫・・・498円/kg+税 

 

 

トップへ戻る