お米のおいしい炊き方

炊飯器のスイッチ1つで簡単にごはんが炊けて、しかもいろんなモードが付いていて・・・

おいしいごはん、炊けていますか?

水加減、吸水時間、炊き上がり後の蒸らしなどのポイントをおさえて

もっとおいしいごはんを炊いてみましょう!

1. お米をきちんと量る

炊飯器についている付属の計量カップなどで量ります。

お米を手のひらですりきって、正確に量りましょう!

gt1.jpg

 2. 手早く洗う

お米を洗うのは、表面のぬかを取りのぞくためです。

ゆっくり洗っていると、お米がぬかのにおいも吸収してしまうので

ササッと手早く洗いましょう!

水は2~3回かえればOKです。

3. 水加減は正確に

お釜の内側のメモリを確認して、平らなところで正確に水を入れましょう!

※新米はチョットお水少なめで炊いてみてね。

gt2.jpg

 4. 吸水時間は30分以上

お米の中心までしっかり吸水させることで、芯のないふっくらとした

おいしいごはんに炊き上がります。

すぐさま押したいところですが、30分は浸しておきたいところですね。

5. 炊飯器、スイッチON !

gt4.jpg

6. 10~15分くらい蒸らす

ピーッと鳴ったら終わりではありません!

炊き上がったら、フタをあけずにそのまま蒸らします。

コレがあるのとないのとでは全然ちがいます。

7. ごはん粒をつぶさないように...

蒸らしおわったら、ふっくらしたごはん粒をつぶさないように

底の方から掘り起こすようにしゃもじを入れて、ふんわり混ぜます。

gt3.jpg召し上がれ♪

意外と気をつけるポイント多いかも・・・と思ったかもしれませんが

お米浸けた浸けない、蒸らす蒸らさないとでは全然仕上がりが違うので

だまされたと思ってやってみてください。

ごはんが美味しく炊けるとそれだけで幸せなモンです♪

トップへ戻る